マイルが貯まりやすいクレジットカード「セゾンマイレージプラスカード」

Pocket

僕は過去に4回ほどマイレージ(マイル)を使って飛行代タダで海外旅行に行っています!

はじめてマイルを使って海外旅行に行ったのは、2002年に行ったインドネシアのバリ島です。

2回目が2003年のオーストラリアの旅(ゴールドコースト〜ブリスベン〜シドニー〜メルボルン)。

3回目が2011年のパリ〜スペインの旅です。

4回目が2013年ベトナム(ホーチミン)〜カンボジア(プノンペン・シェムリアップ)〜タイ(バンコク)の旅です。

この旅でははじめてファーストクラスに乗りました^^

ファーストクラスのチケットもマイルで無料で取ったということです。

僕が使っているクレジットカードはセゾンのマイレージプラスカードです。

セゾンのマイレージプラスカード

上のカードの写真はアメリカンエクスプレスになっていますが、VISAでもマスターカードでも使えます。

ちなみに、僕はVISAです。

セゾンのマイレージプラスカードを選んだ理由

僕は大学時代にクレジットカードを作って以来、ずーとこのセゾンのマイレージプラスカードを使っているのですが、このカードを使い始めたのはたまたまです・・・。

渋谷のパルコで洋服を買った時に作ったカードがたまたまこのカードだったのです。

当時は「年会費はかかるけど、マイルが貯まれば無料で海外旅行に行けますよ!」と店員さんに言われて、「へぇ〜、海外旅行なんて行ったことないからなぁ〜。」とか思いながら、申し込んだ記憶があります。

セゾンのマイレージプラスカードは年会費が1,575円です。

これでショッピングなどでカード払いすると、1000円につき5マイル貯まります。

そして、追加年会費を5,250円払うと「マイルアップメンバーズ」になり、1000円につき15マイル貯まります。つまり、マイルが3倍貯まりやすくなるということです。

月10万円、年間120万円をカード払いすると、年間で18,000マイル貯まることになります。

ちなみに、羽田(日本)〜バンコク(タイ)のエコノミークラスが片道15,000マイルほどです。

僕はこの「マイルアップメンバーズ」になっています。つまり、年会費は合計で6,825円払っています。

僕の場合、現金があるとついつい使ってしまうので(^^;)、マイルで海外旅行用の貯金をしている感じですね。

海外旅行傷害保険もこのカードに付帯しているので、わざわざ別途で保険にも入りません。

旅先で現地通貨がなくなっても、現地通貨でキャッシングもできます。

最短3営業日でカードが発行されるので、急いでいる人でも大丈夫です。

まぁ、とにかくマイルを効率良くたくさん貯めたいという人にオススメのクレジットカードですね!

スポンサーリンク

効果的なマイルの貯め方を伝授します!

とにかく、買い物はなるべくカード払いするようにしましょう。

3000円以上はカード払いなどと自分の中でルールを決めるといいと思います。

公共料金の支払いも携帯電話の支払いもクレジットカード払いできるものは全てクレジットカード払いします。

仮に、複数のカードを持っていても、使うのはセゾンのマイレージプラスカード1枚だけです。

あと、盲点はコンビニですね。コンビニってけっこう使うのに、支払いは現金だったり電子マネーだったりしますよね。

僕はコンビニでは必ずEdyで支払います。そして、Edyのチャージをセゾンのマイレージプラスカードでしています。

つまり、コンビニでもカード払いしているのと同じということです。

こうやって、支払いを単なる支払いで終わらせずに、マイルを貯める機会と考えます。

すると、気づいたら、だいぶマイルが貯まっていて、飛行代を無料でゲット!という感じです^^

どうせ出費するなら、マイルを貯めながら出費した方が利口ですよね。

マイルでとれる飛行機チケットには、行き先によっては直行便がないなどと何かと制限もあるのですが、「飛行機代無料!」を考えると、やめられませんね^^

ANA CARD

ANA CARDもマイルが貯まりますが、1000円で10マイルなのでマイル還元率だとセゾンのマイレージプラスカードの「マイルアップメンバーズ」の方がいいですね。

ただ、国内旅行がメインな人やANAによく乗るという人はANA CARDの方がいいかもしれませんね。

ANA CARD

Pocket