カンボジア・シェムリアップで宿泊したビバホテル(Viva Hotel)

Pocket

ビバホテルの外観

カンボジア・シェムリアップで宿泊した「ビバホテル(Viva Hotel)」を紹介します!

このホテルを選んだ理由は「Pub Street(パブストリート)」に近かったからです。

「Pub Street(パブストリート)」は後ほど写真付きで詳しく紹介しますが、シェムリアップの中心ともいえる飲食店がたくさん集まるストリートです。

どうせなら、歩いて気軽に「Pub Street(パブストリート)」に行けるホテルに泊まりたいなぁ〜と思ったので、このホテルを選びました。

ホテルの看板

宿泊料金は4泊で13,320円、1泊3,330円とお手頃価格です。もちろん、朝食込みの価格です。

1階はオープンエアのレストラン

1階はオープンエアのレストランになっており、朝食もここで食べます。

受付

1階には受付もあります。

猫

このホテルで飼っているのか、勝手になついじゃったのか分かりませんが、このホテルには猫が住みついているようです。

猫

もう1匹います^^ ちなみに、僕は無類の猫好きです!

アート

ホテルの入口から受付までの通路の壁にはアートが飾ってあります。飾り方というかレイアウトがイマイチですけど・・。

室内

さて、ここからは室内です。この部屋って壁の2つの照明と太陽の絵があるかないかでだいぶ印象が変わりそうですね。

照明

この照明のセンスはなかなかですね。自分の部屋で真似したいと思ったくらいです。

窓

窓はありますが、開けても隣の建物があるだけでした。なので、閉じたままでしたね。

テレビ、冷蔵庫、セキュリティボックス

テレビ、冷蔵庫、セキュリティボックスがあります。

冷蔵庫

冷蔵庫は空でした。

セキュリティボックスというよりも木箱

セキュリティボックスというよりも木箱ですね。

一応、カギは付いています。

持ち上げようとしたけど、上がらないくらい重たかったです。

鏡と無料のミネラルウォーター

鏡と無料のミネラルウォーターが2本。

洗面所

洗面所です。

お風呂

お風呂とシャワー。お湯はちゃんと出ましたね。

隣のホテルに泊まりたかったです・・・

僕が宿泊した「ビバホテル(Viva Hotel)」は悪くはないですが、良くもなかったですね。。

僕の部屋はそうでもなかったですが、道路沿いの部屋は外の騒音がけっこう響いたと思います。

やっぱり、パブストリートが近いですし、オールドマーケットが斜め隣にあるのでバイクタクシーとかトゥクトゥクの交通量が多いんですよね。

バイクタクシーやトゥクトゥクが多いとクラクションの音がうるさいんですよね。

で、僕が実際に4泊して思ったことは、僕が宿泊した「ビバホテル(Viva Hotel)」の隣にあった「ストゥン シェムリアップ ホテル (Steung Siemreap Hotel)」に泊まりたかったということですね。

ストゥン シェムリアップ ホテル (Steung Siemreap Hotel)

不思議なのですが、僕が宿泊したホテルより1つだけ奥に入っただけなのに、一気に閑静な雰囲気になるんですよね。

でも、パブストリートもオールドマーケットにも歩いてすぐの距離にあります。

そして、すぐ近くにスーパーマーケットがあって、そこで何でも買えます。

さらに、プールまであります。

値段は1泊5000円台後半からと「ビバホテル(Viva Hotel)」よりもちょっと高くなりますが、僕はシェムリアップにいる間、ずーと「こっちにすればよかったなぁ〜」と思っていましたね^^;

というのも、遺跡巡りってすごい体力を使います。

30度を超える気温の中、階段を何度も何度も上り下りします。ボコボコの石段の上を歩きます。

9:00から遺跡巡りを開始したら、15:00にはホテルに帰ってシャワーを浴びてビールでも飲みたくなってしまうんですね。

僕は「ストゥン シェムリアップ ホテル (Steung Siemreap Hotel)」だったらプールサイドでビールでも飲みながらサンセットタイムを楽しめたんだろうなぁ〜」とか思っていましたから。

ですから、シェムリアップで遺跡巡りをするなら、ホテルはゆっくり休めるところを選ぶべきです。

いつもよりちょっとランクが高いホテルを選ぶくらいがちょうどいいと思います。

ただ「ストゥン シェムリアップ ホテル (Steung Siemreap Hotel)」は人気のようで、すぐに満室になってしまうようなので、早めに宿泊予約をしておいた方がいいと思います。

それと、アンコール遺跡群をそれなりにちゃんと観たいなら3日は用意しましょう。

チケットも1日券(US20ドル)、3日券(US40ドル)、7日券(US60ドル)とあります。

1日では絶対に足りません。でも、7日間は長過ぎます。途中で絶対に飽きてきて集中力が持続しません。

3日が集中して見るにはちょうどいい日数なんです。

ですから、丸3日はシェムリアップで過ごすことをオススメします。

そうすると、ホテルは僕のように4泊分予約して、以下のような4泊5日のスケジュールになります。

<1日目>チェックイン
<2日目>遺跡巡り
<3日目>遺跡巡り
<4日目>遺跡巡り
<5日目>チェックアウト

Pocket

»次の記事:

«前の記事:

この記事にリンクする: