夜のプノンペン、ディナーは屋台でフォーで失敗、路上で身体測定

Pocket

夜のシアヌーク通り

スーパーマーケット「Lucky(ラッキー)」を出ると、あたりはすっかり真っ暗です。

時刻は18:30過ぎ。お腹も空いてきたので、夜メシを食べる所でも探そうと思います。

とりありず、僕が今いる「シアヌーク通り」、そして「ノロドム通り」「モニボン通り」「マオツェトン通り」に囲まれたバンケンコン・エリアを歩いてみようと思います。

バンケンコン・エリアのレストラン

ガイドブックによると、バンケンコン・エリアはいま最も在住外国人に注目されているエリアなんだそうです。

バンケンコン・エリアのレストラン

たしかに、シャレたレストランやバー、カフェが多いエリアでしたね。

バンケンコン・エリアの日本食屋

日本食屋さんもあります。

バンケンコン・エリアのバー

リバーフロント(トレンサップ川沿いのシソワット・キー通りが走るエリア)は家賃高騰で飽和状態のいま、その代わりとなっているのがバンケンコン・エリアで外国人用のアパートも増えているそうです。

バンケンコン・エリアのバー

バンケンコン・エリアのバー

バンケンコン・エリアのバー

バンケンコン・エリアのカフェ

新しいレストランやバー、カフェなどが乱立し、今のプノンペンで一番変化が激しいエリアと言われています。

独立記念塔

僕はバンケンコン・エリアでは結局どこに入らずに、独立記念塔の方まで歩いてきてしまいました。

で、この時点で疲れと空腹がピークになり、僕の頭は冷静な判断ができなくなってしまいました。。

屋台

屋台

そして、こんな屋台に入ってしまいました。。ガラガラです。。

旅先で食事をする店選びの鉄則は「現地の人で混み合っている店に入る」です。

でも、疲れと空腹で冷静な判断ができなくなっていた僕は、この鉄則をすっかり忘れてしまいました。。

あと、歩き疲れたので、ちょっと椅子に座って休みたかったというのもあったのですが。

フォー

注文したのは「フォー」。ベトナムとフォーとどう違うのかチェックしたかったので。

でも、見るからに不味そうですね。。

フォー

実際、あまり美味しくなかったですね。。料金は9,000リエル(180円)と格安でしたが。

路上屋台

店を出てからちょっと歩くと、現地の人で混み合っている路上屋台に出くわしました。

ここで食べればよかった・・・。もうちょっと我慢して歩き続けていれば・・・。

プノンペンの道路

「バーに飲みにでも行こうかな?」とも思ったのですが、めっちゃ疲れていたので、ホテルに帰ることにしました。

回転寿司

途中で回転寿司があったのですが、めっちゃ混んでいましたね。カンボジアでも寿司は人気のようですね。

路上でガソリン販売

路上でジュースを販売するかのように、ガソリンを販売しています。

路上で体重と身長を計るサービス

路上で体重と身長を計るサービスをしているおばちゃんに出くわしました。

僕は旅に出てからちょっと食べ過ぎているので、体重が気になっていました。

そこで、身体測定をしてもらうことに。

料金はたったの500リエル(10円)です。

体重は日本を出た時と変わってなかったですね。たくさん食べてるけど、その分、たくさん歩いているので消化しているのでしょう。

廃墟みたいな建物

この建物の前は昼間も通りましたが、夜はまた違った雰囲気というか廃墟みたいな感じでしたね。

廃墟みたいな建物

でも、屋台が出ているので、人は多いんですけどね。人がいなかったらマジで怖いエリアですね。。

廃墟みたいな建物

それにしても、すごい雰囲気のある建物でした。犯罪の匂いがちょっとしましたからね。。

ここから5分くらい歩いてホテルに着きました。

ホテルに戻ったのは20:00頃。昼メシを食べ終わったのが15:00頃だったので、約8時間もプノンペンを歩いたことになります・・・。

めっちゃ疲れてしまったので、シャワーを浴びて、お菓子を食べながらビールを飲んで、サクッと寝てしまいました。

明日はシェムリアップへの移動日です。

Pocket

»次の記事:

«前の記事:

この記事にリンクする: