聖母マリア教会(サイゴン大教会)〜ホーチミンのフランス植民地時代のコロニアル建築

Pocket

聖母マリア教会(サイゴン大教会)

ドンコイ通りに突き当たりに、どうみても歴史を感じざるを得ない教会があります。

それは「聖母マリア教会」です。「サイゴン大教会」とも呼ばれています。

聖母マリア教会(サイゴン大教会)はサイゴン(ホーチミンの旧名)がフランスの植民地だった1863〜1880年に建設されたコロニアル建築です。

ガイドブックによると、レンガをはじめとする建材はすべてフランスから運び込まれたそうです。

歴史を感じる

ホーチミンにあるコロニアル建築はぱっと見すごくきれいで古くない印象を受けるものが多いのですが、この聖母マリア教会(サイゴン大教会)は見るからに歴史を感じることができます。

デザイン的には左右対称のシンメトリーです。

右後ろには「DIAMOND PLAZA(ダイアモンドプラザ)」が見える

「聖母マリア教会(サイゴン大教会)」の右後ろにはショッピングモール「DIAMOND PLAZA(ダイアモンドプラザ)」が見えます。

昔はレンガ、今はガラスという新旧のコントラストがたまりません

聖母マリア像

目の前には聖母マリア像が建っています。

観光客がたくさんいる

聖母マリア像の周辺には観光客がたくさんいて写真を撮っていたりしています。

この日は天気は曇り

この日は曇っていたのですが、晴れていたらまた違った雰囲気になるんでしょうね。

奥行きがある

「聖母マリア教会(サイゴン大教会)」はけっこう奥行きがあります。

裏側

これは裏側です。

建物下部の窓の下に幾何学模様でレンガを抜いていますが、これはホーチミンの暖かい気候に合わせた通風口の役割をしています。

バイクが多い

「聖母マリア教会(サイゴン大教会)」の横の道路は交通量が多いので、道路を渡る時は注意しましょう。ゆっくりと歩くのがコツです。

聖母マリア教会の中

僕がここに来た時には開館時間を過ぎていたので中には入れませんでした。

ちなみに、開館時間は午前が8:00〜10:30、午後が15:00〜16:00です。

Pocket

»次の記事:

«前の記事:

この記事にリンクする: