ホーチミン初日の夜めしは地元の人で混雑している食堂で食べる!

Pocket

さて、ホーチミン1日目も19時になりお腹が空いてきました。

僕は観光客向けのレストランではなく、地元の人に人気の食堂みたいな所で食べたかったので、ベトナム人で混んでいる店を探しました。

地元の人たちで混雑している食堂

すると、なんとなく地元の人っぽい人たちで混雑している食堂を見つけました。

混み合う食堂

これだけ混んでいるということは、美味いに違いありません。

中を覗くと観光客らしき人は一人もいなかったのですが、勇気を出して店に入りました。

落花生

最初に出てきたのは落花生です、たぶん・・・。

これは日本の居酒屋でいう「お通し」みたいなものでしょうか?

でも、この落花生はめっちゃマズかったです^^;

なんか、湿っていて中身がグチュグチュなんですよね。。結局、1個しか食べませんでした。

ビール

とりあえず、ビールを注文しました。「SABECO」と書いていますが、ベトナムのビールなのでしょうか?

ナプキンも出てきました。無料だと思っていたら有料でした。。

注文した料理

メニューには写真がなくてベトナム語しか書いてなかったので、何を注文していいのか分かりませんでした。

なので、店員さんにお勧めを2品持ってきてもらいました。

「揚げた春巻き」と「肉と野菜と麺」のおかずです。

中には麺がいっぱい

中には麺がいっぱいでちょっと残してしまいました。。

値段ですが、全部で195,000ドン(780円)でした。

内訳を聞いたら以下のように紙に書いてくれました。

  • 揚げた春巻き:80,000ドン(320円)
  • 肉と野菜のフライドヌードル:80,000ドン(320円)
  • ビール:17,000ドン(68円)
  • 落花生:15,000ドン(60円)
  • ナプキン:3,000ドン(12円)

やっぱり、地元の人向けの店は安いですね〜。

この時はじめてベトナムではナプキンにお金がかかることを知りました。袋に入ったウェットティッシュみたいなものです。

僕は日本からウェットティッシュを持ってきていたので、次からは店から出されたナプキンは使わないで、自分のウェットティッシュを使っていました。

で、会計時に「ナプキンは使ってないよ」と言うと、ナプキン代は会計されません。

店内で楽しそうに食事するベトナム人

店内では大学生なのか、仕事後のサラリーマンなのか分かりませんが、皆で楽しそうに食べていましたね。

落花生の殻を地面に捨てるスタイル

ベトナム人は落花生の殻を地面に捨てるスタイルみたいですね。

Pocket

»次の記事:

«前の記事:

この記事にリンクする: