バンコクの伊勢丹(ISETAN)は古い印象が否めないデパート

Pocket

isetan1

時刻は16:45です。次は日本でもお馴染みの伊勢丹に入ってみようと思います。

伊勢丹はタイ最大のショッピングセンター「central world(セントラルワールド)」の一部です。

伊勢丹に入った途端に感じたのは、「古っ」ってことですね。

今までサイアム・パラゴン(SIAM PARAGON)やサイアム・ディスカバリーセンター(SIAM DISCOVERY CENTER)、サイアムセンター(SIAM CNETER)といった最先端のショッピングモールを見ていたので、そのギャップがすごいです。。

伊勢丹は全く洗練されていません。

横浜にあるSOGOや高島屋と一緒で、ただ箱の中に店が入っているだけという感じの作りで、何のエンターテイメント性もアート性もありません。

2世代くらい古い印象を受けましたね。。照明の使い方もダサいです。

お年寄りならこういう方が落ち着いて買い物できるのかもしれませんが、わざわざバンコクまで来て見るほどの価値は感じませんでした。

isetan2

4階にはdocomoショップがあります。

ドコモユーザーで海外でも使える設定をしているけど、なんらかのトラブルで使えないという人はここにくればいいと思います。

isetan3

isetan4

伊勢丹内には紀伊国屋書店もありました。

isetan5

日本の本や雑誌がたくさん置いてあるので、長期滞在社には貴重なスペースなのかもしれません。

雑誌を見ておけば、今の日本で何が流行っているかだいたい分かりますからね。

isetan6

伊勢丹の前にはこんな塔が立っています。

isetan7

isetan8

お花を添えて、お祈りしている人がたくさんいましたね。どんなことをお祈りしているのでしょうか?

Pocket

»次の記事:

«前の記事:

この記事にリンクする: