僕のミスで「カントー〜チャウドック〜プノンペン国境越えツアー」は断念

Pocket

今日はとうとうベトナムからカンボジアへの国境越えの日だ。

前日に頼んでおいたモーニングコールで3時30分に起きる。

今日の予定は、まず4時発のバスに乗って、カンボジアとの国境沿いの街チャウドックに7時に到着。

そして、7時30分発のボートに乗って、国境越えをしてカンボジアに入り、一気にメコン川を北上し、カンボジアの首都プノンペンに行くというルートだ。

これはホーチミンのホテルに隣接していた旅行会社で予約したツアーの予定だ。

僕は4時にホテル受付でチェックアウトを済ます。

そして、受付のスタッフのお兄さんに「今日は4時のバスに乗ってチャウドックまで行くんだ。何時間くらいかかるか分かる?」と尋ねる。

受付のフタッフは僕の質問には答えず次のように言う。

「バスはここに迎えに来るの?それとも、バスターミナルまで行くの?」

僕はこの質問を受けた時、一瞬、身の毛が凍った。

「もしかしたら、俺がバスターミナルに4時に行くべきだったのかも・・・」と思ったからだ。

僕はてっきりバスがホテルまで迎えにきてくれると思っていた。というか、あまり何も考えていなかったという方が正確かもしれない。。

これは僕の楽天的な性格が災いを起こす典型的なパターンだ。

僕はいつも「まぁ、なんとかなるでしょ!」的なノリなので、事前の綿密な準備というのが苦手だ・・・。

時刻は朝の4時。まだ、あたりは真っ暗だ。

ホテルの受付で薄暗い明かりに照らされながら、僕は10分ほどバスを待ってみた。

誰も僕を迎えにこない。

ここで、僕は確信した。

僕はミスしたのだ・・・。

ホーチミンで僕が予約したツアーはチャウドックからボートに乗って、国境を越えて、プノンペンまで行くツアーだったのだ。

カントーからバスに乗ってチャウドックまで行くバスは、僕が個人的に手配するべきだったのだ。。

僕が困っていると受付のスタッフは「タクシーで行けば7時までにチャウドックに着けるかもしれない。」と提案してくれた。

僕がタクシーの金額と尋ねるとUS65ドル(約5590円)という。

カントーからチャウドックまでは3時間の道のりなので、日本に比べたらタクシーも圧倒的に安いが、バスで行けば80,000ドン(320円)だ。

でも、ホーチミンで予約したUS34ドル(2924円)のツアーに間に合うためには、タクシーで行くという選択肢しかない。

そこで、僕はタクシーを呼んでもらうことにした。

時刻は4時15分だ。

タクシーがホテルに到着したのが4時30分。

ほっそりとした若い男性の運転手がホテルに入ってきた。

今回のツアーの待ち合わせ場所はチャウドックのとあるレストランの前だ。つまり、そのレストランまでタクシーで行く必要がある。

僕は紙に書いてあるレストランの名前を運転手に見せる。

運転手はポケットからスマートフォンを取り出した。

OSはWindowsだ。どうやら最新機種のようだ。

そして、地図アプリを開き、レストランの名前を検索する。

しかし、それらしきレストランは見つからない・・・。

ホテルの受付スタッフとタクシーの運転手で何か話している。

この間、時計の針はどんどん進む。

タクシーに乗ってチャウドックまで行くのか?それとも、ツアーはあきらめて他の選択肢を選ぶのか?

2人はどうやら、僕のためにベストソリューションを探ってくれているようだ。

そして、ホテルの受付スタッフが次のように提案する。

「今からタクシーでチャウドックまで急いで向かっても、ツアーの時間に間に合うかもしれないし、間に合わないかもしれない。だったら、7時のチャウドック行きのバスに乗って、とりあえずチャウドックまで行って、プノンペンまでのツアーがあればその日のうちに、なければチャウドックで1泊して翌日に国境越えのツアーに参加したらどう?」

僕はすぐに決断した。

ホーチミンで予約したツアーは諦めることにした。

ホテルの受付スタッフが提案するように、まずは7時発のバスに乗りチャウドックまで行くことにした。

そして、そこから先はその時の僕の気分や状況で決めればいいかなと。

この時、時刻はすでに4時45分だった。

わざわざ来てくれたタクシーの運転手にお礼を言い、僕はホテルの食堂がオープンする6時まで薄暗い受付前のエリアでノートパソコンを開き、ホテルが無料で提供するWi-Fiにつなぎ、インターネットをしながら6時になるのを待った。

そして、6時になったので、僕は食堂に行き、朝食を食べた。

キムトーホテルホテルの朝食

もし、僕がミスをせず、予定通りツアーに参加できたなら、食べることはなかったキムトーホテルの朝食。

そういう意味では、ミスしてよかったのかもしれない・・・いや、そんなことはないか・・・(笑)

それにしても、カントーのベトナム人は本当に優しい。

こんな朝早くにホテルの受付スタッフもタクシーの運転手も、まるで自分のことにようになんとか解決しようとしてくれた。

ここまで人の暖かみを感じる旅は初めてかもしれない。

ベトナムに滞在して4日目になるが、僕はベトナム人が大好きになっていた。

Pocket

»次の記事:

«前の記事:

この記事にリンクする: