チャウドックのホテルからシクロに乗ってスピードボート乗り場へ

Pocket

サンダル

とうとう今日はベトナムからカンボジアへの国境越えの日です。

朝6時に起きて、チェックアウトの準備をします。

今日は船に乗っての長旅なので、スニーカーではなくサンダル着用です。

ホテルの受付

7:00に昨日のバイクタクシーの運転手が迎えにきてくれる予定なので、6:50にはチェックアウトを済まし、1階の受付の前で待機していました。

ホテルの前の道

ホテルの前の道

ホテルの前の道

朝7時前ですが、チャウドックの街はすでに動き出していました。

そして、7:00になりました。しかし、昨日のバイクタクシーの運転手はまだ来ません。

7:10になってもまだ来ません。。

そこで、ホテルの受付の人に事情を説明して、昨日メモってもらった電話番号に電話してもらいました。(電話番号を聞いておいてよかったです^^)

しかし、バイクタクシーの運転手は出ませんでした。。

ホテルの受付の人いわく、「今日は日曜日で国境越えツアーに行く人が多いので、バイクタクシーの運転手も忙しいのだろう」とのこと。

「そんなの知らねぇ〜よ〜・・・」と思いながらも不安は募るばかりです。

なんといっても、本当なら昨日、国境越えツアーに参加する予定でした。

しかし、僕のミスで今日に延期になってしまったのです。

だから「今日こそはなんとしても国境越えしなくては・・・」と気持ちは焦るばかりですが、バイクタクシーの運転手は迎えにきません。。

時刻は7:15です。

ここからボート乗り場までどのくらいの時間がかかるのかも分かりません。

分かっているのは、7:30にプノンペンに向けてボートが出てしまうということです。。

焦っている僕の姿を見て、ホテルの受付の人がホテルの前に停まっているシクロを指差し「そのシクロに乗って!」と言ってきました。

どうやら、バイクタクシーの運転手ではなく、僕がチケットを購入した会社のシクロが迎えにきてくれたようです。

シクロの運転手の背中

というわけで、シクロに乗りました。

運転手の背中には「HANG CHAU TOURIST Speed Boat Chau Doc – Phnompenh」と書いてあります。

シクロの運転手

2台のシクロで僕を含めた数人がボート乗り場まで行きました。

ボート乗り場

ボート乗り場

ほんの1分ほどでボート乗り場に到着しました。シクロは意外と早いですね。

シクロ

これが乗ってきたシクロです。

シクロを降りた時に運転手が僕に向かって何か言っているんですね。

僕は最初はここまでの運賃を求められているのかと思ってしまい、ポケットの中にあった30,000ドン(120円)を渡しました。

でも、すぐにこのシクロの運賃はツアー料金(US25ドル)に含まれていることに気づき、運転手はチップを求めているんだと思いました。

そこで、20,000ドン札(80円)は返してもらい、10,000ドン札(40円)だけ渡しました。

そしたら、もう一人の運転手も「俺にもチップくれ」と言ってきたので、10,000ドン札を指差して「2人でセパレートしてよ!」と言っておきました。

ボート乗り場の入口

さて、ボート乗り場に入ります。時刻は7:20です。

結果的には出発10分前に到着できてよかったですが、朝から冷や汗をたくさんかいちゃいました^^;

Pocket

»次の記事:

«前の記事:

この記事にリンクする: