写真で見るベトナム・メコンデルタ最大の街カントー

Pocket

ベトナム南部のメコンデルタ(メコン川下流の三角州)最大の街カントー

時刻は14:45。

ベトナム南部のメコンデルタ(メコン川下流の三角州)最大の街カントーを探索しようと思います!

カントーの建物

ガイドブックによると「カントーはメコンデルタの経済の中心都市で交通の要所」と書いてあるのですが、歩くだけではあまりそういった印象は受けなかったですね。

カントーのストリート

どちらかというと、田舎っぽい印象でしたね。

街の電気屋さん

街の電気屋さん

街の電気屋さんです。商品がきれいに陳列されています。

昔の日本もこんな感じだったのかなぁ〜と思ってしまいました。

日本と韓国の家電メーカーロゴ

日本と韓国の家電メーカーロゴがあります。

建物がカラフル

建物がカラフルですね〜。

市場みたいなところ

市場みたいなところで出くわしました。

ブタの頭

ブ、ブタの頭・・・??

カントー川沿いのレストラン

カントー川沿いにはレストランが並びます。

カントー川

カントー川です。僕はホテルの部屋から見える川はメコン川だと思っていたのですが、どうやら目の前の川はカントー川と言うらしいですね。

カントー川

ただ、カントー川はメコン川支流のハウザン(後江)から枝分かれした孫川です。

賑やかな通り

なんだか、賑やかな通りにやってきました。

露店が並び、バイクもガンガン通る

それほど太くない道の両脇には露店が並び、バイクもガンガン通ります。

通りにはたくさんの人が

こういう風景を見ると、「東南アジアの田舎街に来たなぁ〜」という実感が湧きますね。

HEMとは?

「HEM」って何なんでしょうか?

混沌とした雰囲気

こういう混沌とした雰囲気は大好きですね〜。

舗装されていない道路

道路は全く舗装されていません。

タトゥーを入れたお兄さん

おっと、ここでタトゥーを入れた人に出くわしました。カントーのヤクザか不良でしょうか?

ベトナム人でタトゥーを入れている人に出くわすのは珍しかったので、本能的にカメラを向けて写真を撮ってしまいました・・・。ヤバイ・・・怒られるかな・・・。

照れているお兄さん

と思っていたら、単なる照れ屋な人だったみたいです(笑)優しい感じの人でしたね^^

そして、その横では箱なしで靴やスニーカーが売っています。

床屋(美容院)

カントーの床屋(美容院)です。

尖った帽子

この尖った帽子はベトナムでは「ノンラー」と呼ばれているみたいです。

日本では菅笠(すげかさ)と呼ばれているみたいですが。

この帽子は日よけの役割があるそうです。

ベトナムは暑いですからね〜。

教会かな?

教会かな?

いきなり雰囲気が違う建物が。教会かな??

ノリノリのポーズを決めるお姉さん

カントーの人ってホーチミンの人よりもフレンドリーな人が多いですね〜。

カメラを向けると、こんなノリノリのポーズを決めてくれます(笑)

夕方のカントー川

夕方、もう一度、カントー川の方を歩きました。

カントー川沿いの広場

カントー川沿いの広場

カントー川沿いの広場

カントー川沿いにはこんな広場があって、川沿いを歩けるようになっています。

あとでガイドブックで調べたのですが、この広場は「ニンキエウ公園」と言うらしいです。

ホーチミンさんの像

「ニンキエウ公園」にはホーチミンさんの像があります。

夕方の「ニンキエウ公園」

夕方の「ニンキエウ公園」です。

夜の「ニンキエウ公園」

夜の「ニンキエウ公園」

夜になると「ニンキエウ公園」周辺にはたくさんの人が集まっていました。

ヒョウ柄にデコレートされたバイク

ヒョウ柄にデコレートされたバイクがありました。これはちょっと欲しいですね(笑)

Pocket

»次の記事:

«前の記事:

この記事にリンクする: