ベトナム・カントーからカンボジアとの国境沿いの街チャウドックへバスで移動

Pocket

とりあえず、僕の勘違いで今日は国境越えができなくなってしまったので、予定を変更することに。

キムトーホテルの受付スタッフが7時発チャウドック行きのバスを予約してくれたので、僕はホテルの食堂で急いで朝食を食べ、6:25に受付に戻り、僕をピックアップしてくれるバスを待つことに。

すると、3分後くらいに白いバンが迎えにきました。

バンの中にはすでに数人の旅人が乗っていて、このバンに乗ってホテルからバスターミナルまで向かいます。

朝日がきれい

時刻はまだ6:30なので、カントー川越しに見える朝日がきれいです。

バスターミナルに到着

5分ほでバスターミナルに着きました。オレンジ色の派手な建物ですね。「FUTA Buslines」と書いてあります。

バスターミナルの窓

窓には「CANTHO – CHAU DOC 80,000 d」と書いてあります。

どうやら、カントーからチャウドックまでのバス代は80,000ドン(320円)のようです。

相変わらず、長距離バスは安いですね〜。

バスチケット

6:50にバスチケットを購入。

待合室

出発は7:15ということなので、それまで待合室で待つことに。

オレンジ色の派手なバス

出発時刻になりました。このオレンジ色の派手なバスに乗って行くようです。

バスの車内

車内はこんな感じ。

ミネラルウォーターとナプキン

ホーチミン〜カントーの長距離バスと同様に、ミネラルウォーターとナプキンが配られました。

この時に係の人に「チャウドックまでどのくらいかかるの?」と尋ねたら4時間くらいと言っていました。

チャウドックに向けて出発

7:20に出発です。

僕は今日は3:30起きで寝不足だったので、車内で寝ようと思ったのですが、バスがけっこう揺れるので寝れません。。

しかも、クーラーが効いていてけっこう寒いので、長袖は必須ですね。

休憩

休憩

90分ほど走り、8:50に休憩です。そして、9:00にチャウドックに向けて出発。

窓から見える景色

窓から見える景色

窓から見える景色

窓から見える景色

窓から見える景色

窓から見える景色

チャウドックって国境沿いの街、つまりベトナムの端っこの方なので、カントーからのチャウドックまでの道路は舗装されていない箇所が多いです。

そのため、すごく揺れます。

僕は比較的どこでも寝れてしまうタイプですが、そんな僕でも全く眠れませんでした。。

だから、ガイドブックでも読もうと思ったのですが、バスが揺れるので本を読んでいると酔ってきて気持ち悪くなってしまうんですね。。

なので、僕ができることと言えば、音楽を聞きながら窓から外の景色を眺めることだけでした・・・。

チャウドックのバスターミナルに到着

11:00にチャウドックに到着です。

カントーのバスターミナルからチャウドックまで3時間40分かかったということです。

チャウドックのバスターミナル

バイクタクシーやシクロ

着いた途端に思ったことは「チャウドックって田舎だなぁ〜」ということですね。なんか、閑散としていて寂しい感じでしたね。。

バイクタクシー

バスターミナルに到着してバスを降りると、バイクタクシーやシクロの運転手が話しかけてきます。

僕は2カ所のホテルの名刺を持ったバイクタクシーに話しかけられました。

1つ目のホテルはUS6ドルでクーラーなし、2つ目のホテルはUS11ドルでクーラーがあると言います。

僕は「どっちもすごく安いなぁ〜・・・」と思いながらも、「明日、ボートで国境を越えてカンボジアのプノンペンに行きたい。」と伝えると、そのバイクタクシーは「OK!」といい、どこかに電話し始めました。

バイクタクシーは電話を切ってから、「OK!明日のカンボジアまで行くボートが手配できるよ!で、どっちのホテルにする?」と言ってきたので、僕は「両方見たい」と伝え、バイクタクシーに乗ってホテルまで行くことに。

バイクタクシーの運転手

ホテルまでのバイクタクシーの料金は30,000ドン(120円)でした。

最初にUS6ドルのホテルを見たら、安いだけあって部屋はボロボロで牢屋のようだったので、次のUS11ドルのホテルへ。

ホテルに到着

こちらも値段が値段なので、たいしたホテルではなかったですが、さっき見たホテルよりきれいだし、スタッフの対応がちゃんとしていたので、このホテルに宿泊することに。

「NGOC PHU」とかいうホテルです。

11:15にチェックイン完了です。

カントーのホテルを6:30に出たので、ここまでで4時間45分かかったということになります。

ホーチミンのホテルからカントーのバスターミナルまでも約4時間ほどかかりましたが、4時間くらいの移動だとちょっと疲れますね。

Pocket

»次の記事:

«前の記事:

この記事にリンクする: