中央郵便局〜ホーチミンのフランス植民地時代のコロニアル建築

Pocket

中央郵便局

聖母マリア教会(サイゴン大教会)の隣にいかにもヨーロッパっぽい建物があります。

この装飾といい、色合いといいアジア人の感覚ではないですね。

この一見すると駅のような建物はホーチミンの中央郵便局です。

日本の郵便局とは比べ物にならなくてオサレですね。

中央郵便局

聖母マリア教会(サイゴン大教会)と同様にサイゴン(ホーチミンの旧名)がフランスの植民地だった1886〜1891年に建設されたコロニアル建築です。

館内

さっそく中に入ってみました。

奥にはホーチミンさんの肖像画が額縁に入って飾られています。

それにしても、郵便局とは思えない館内です。

入口付近にはトラベルインフォメーションと両替所もあります。

アーチ状の天井

特に、アーチ状の天井に圧倒されます。

この天井のデザインは当時のフランスで流行っていたそうです。

この中央郵便局は今でも地元の人も使っている郵便局です。

この電子メール時代に紙の手紙やポストカードをここから日本の大切な人に出してみたら、逆にオシャレかもしれません。

中央郵便局も聖母マリア教会(サイゴン大教会)もドンコイ通りにあるので、ドンコイ通りの近くのホテルに宿泊すれば歩いて行くことができますよ。

Pocket

»次の記事:

«前の記事:

この記事にリンクする: