カンボジアのプノンペンからシェリムアップへの移動手段と時間、注意点

Pocket

プノンペンからシェリムアップへ移動

ビンスーンルートでベトナムからカンボジアの首都プノンペンまで移動したら、今度はアンコール遺跡群の観光拠点であるシェリムアップに移動する予定です。

もちろん、景色を見ながら陸路で移動する予定です。

地球の歩き方 カンボジア」によると、プノンペンからシェリムアップへ移動するのはバスが一番良いようです。

というか、カンボジア国内での移動は長距離バスが一番充実しているようですね。

長距離バスで移動

プノンペン〜シェリムアップ間では、旅行会社主催のバスが運行しているそうです。

「プノンペン・ソリア・トランスポート・カンパニー」のシェリムアップ行きのバスは6:30〜15:30までの間でおおよそ1時間ごとにあり、運賃は1万8000リアル(日本円で約371円)、所要時間は約6時間ということです。

ベトナム同様、カンボジアの長距離バスの運賃もゼロが1つ足りないんじゃないかと思うくらい安いですが、所要時間がハンパじゃないですね。。

半日かけての移動です。

ただ、カンボジアでは長距離大型バスは最も発達している交通手段で、バス会社も多いのでサービスの競争も起こり、サービスの質が年々良くなっているとか。

そして、ありがたいことに、たいていのバスは冷房付きということです。

さらに、おしぼりやミネラルウォーターのサービスもあり、ドライバーの他に1〜2名のスタッフが同乗し、乗客の世話や荷物の管理をしてくれるそうです。

「プノンペン・ソリア・トランスポート・カンパニー」のバス乗り場はセントラル・マーケットの近くにあり、シェリムアップの到着場所はボレイ・シンナム・シティのバス発着所。

座席はチケット購入時に席を決めるシステムということです。

このカンボジア国内の移動はそれほど敷居は高くないようですね。

移動に6時間もかかることを除けば、なんとかなりそうです。

まぁ、移動も旅も醍醐味なんですが。

Pocket

»次の記事:

«前の記事:

この記事にリンクする: