ホーチミン市内の移動手段、タクシー・バス・バイクタクシーなど

Pocket

ホーチミン市内の乗り物の移動手段を紹介します。

タクシー

料金は現地の通貨であるドン(VND)払いが原則。

初乗りは1万VND〜(日本円で約40円)で、最初の2キロくらいまで。その後、1キロごとに料金が加算される。市内観光で遠くへ行ったとしても5〜6万VND(日本円で約200〜240円)くらいと日本と比べると圧倒的に安い。

街中でタクシーを呼び止める時は、日本と違い手を上げるのではなく、手を下げて(真横よりちょっと下)合図する。

日本と違い、自動ドアではないので、ドアの開け閉めは自分でする。

乗車したら、発車する前にメーターを使っているかチェック。それから、行き先を伝える。

目的地に到着したら料金を支払う。

料金表示は、たとえば「1万2000VND」の場合「12.0」と省略表示されていることがある。

個人タクシーだとトラブルになることもあるので、以下の3つのタクシー会社がオススメ。

  • ビナ・タクシー(VINA TAXI)
    車体は黄色。車体の側面には「38 11 11 11」と電話連絡が掲載。
  • マイリン・タクシー(MAiLINH TAXI)
    車体は白で緑色のロゴ。車体の側面には「38 38 38 38」と電話連絡が掲載。
  • タクシー・ビナサン(Taxi Vinasun)
    車体は白。車体の側面には「38 27 27 27」と電話連絡が掲載。

チャーターカー

ホテルや旅行会社で手配できるドライバー付きのプライベートカー。

料金は半日でUS50ドル〜、1日でUS70ドル〜。

ドライバーやガイドには1日US10ドルほどのチップが必要。

路線バス

バスはベトナム語しか通じない。

運行時間は決まっているが、日本のように正確ではない。

バスが来たら、手を上げて乗る意思表示をする。

乗り降りは前と後ろの出入り口どちらでもOK。

料金は4000VND(日本円で約16円)。車掌から切符を買う。

たいていのバスはエアコン付き。

バイクタクシー

50〜100ccのバイクの後部座席に客を乗せて走るタクシー。

タクシーや路線バスがない街では重要な交通手段となっている。

メーターがないバイクタクシーの場合は事前に料金交渉をする。

料金は都市部の場合、1キロ1万VND〜(日本円で約40円)と普通のタクシーとあまり変わらない。

時間単位で借り切る場合は1時間10万VND〜(日本円で約400円)。

2007年から法律でバイク乗車時にはドライバーも客もヘルメットの着用が義務づけられた。客用のヘルメットはドライバーが持っている。

バイクタクシーの営業にはライセンスも登録も必要ないため質の悪いドライバーも多い。

事故に合うことも多いので、あまりオススメできないと書いてるガイドブックもあり。

シクロ

自転車の前に人力車の座席を付けた乗り物。

走っている街は限られ、都市部では観光客相手の乗り物となっている。

乗車前に料金交渉しても、利用後にもめることが多いとか。

最終的な料金はバイクタクシーよりも高くなる。

Pocket

»次の記事:

«前の記事:

この記事にリンクする: