カンボジア(プノンペン・シェリムアップ)の天気と旅のベストシーズン

Pocket

カンボジアは年間を通して高温多湿である熱帯モンスーン気候に属し、1年は乾季(11〜2月)、暑季(3〜5月)、雨季(6〜10月)の3つに分けられている。

年間の平均気温は27.6度で、1年で一番暑いのは4月。首都プノンペンの4月の月間平均気温は29.4度にもなる。

1年で最も涼しいのは12月で月間平均気温は25.4度。

1年で最も雨が多いのが9月で、10月や7月も多い。

年間の平均湿度は77%で、最も湿度が高いのは9月。

旅のベストシーズンは雨の少ない乾季で、乾季の中でも11月上旬〜1月下旬頃。気温も少し下がり過ごしやすくなるが、日本の真夏の服装でOK。

3〜5月の暑季は朝から暑く、日中の気温が40度前後まで上がるので遺跡巡りには辛い時期。

雨季の前半6〜8月は夕方1〜2時間スコールが降る。後半の9〜10月は長時間雨が降る日もある。カンボジアは舗装されていない道路も多いので、雨季は道が水浸しになって歩きづらい。

Pocket

»次の記事:

«前の記事:

この記事にリンクする: