カンボジア市内の交通手段、バイクタクシー・トゥクトゥク・レンタサイクルなど

Pocket

カンボジアの交通手段を紹介します。

ここでは長距離の移動ではなく、市内のちょっとした移動手段を紹介します。

カンボジアの市中にはまだ地下鉄や路線バスといった公共交通機関と呼べるものはないようです。

市民の足は自転車かバイク。

そんな中、旅行者が市内を効率的に観光するには以下のような移動手段があるようです。

バイクタクシー

近距離の移動ならバイクタクシーが便利。普通の50ccのバイクの後部座席に客を乗せて走る。

地元の人は「モトドップ」や「モート」と呼ぶ。

ホテル前に待機していたり、街中を流している。

プノンペンでは夜間の路上強盗が頻発しているので、寄りのバイクタクシー利用は避けた方がいい。

トゥクトゥク

バイクの後ろに2〜6人用の座席を取り付ける乗りもの。

地元の人は「ルーモー」と呼ぶ。

屋根が付いているので、日よけ雨よけにもなる。

料金はバイクタクシーの1.5〜2倍だが、4ドルも出せばどこにでも行ってくれる。

ちゃんとしたトゥクトゥク運転手を選ぶポイントは、警察に登録している証拠であるベストを着ているかどうか。

レンタサイクル&レンタバイク

プノンペンやシェリムアップのホテルやゲストハウスでは自転車やバイクを貸し出している「レンタサイクル」や「レンタバイク」がある。

料金は自転車が1日US1〜2ドル、バイクが1日US5ドル〜(ガソリン代は別)。

借りる前にデポジットとしてパスポートか現金を求められる。

パスポートを預けるのは危険なので、現金をデポジットした方がいい。

デポジットの金額は自転車でUS2〜5ドル、バイクでUS10〜50ドル。

ただし、レンタルは何かと事故が多いので注意が必要。

タクシー

カンボジアではちょっとした移動でタクシーを使う文化がなく、数は非常に少ない。

首都プノンペンなら中・高級ホテル前で見かけることはあるが、他の街ではまず見かけない。

使い方も半日や1日チャーターで料金は交渉制。だいたい1日8時間でUS25〜50ドルくらい。

というわけで、カンボジアではタクシーでのちょっとした移動は現実的ではない。

Pocket

»次の記事:

«前の記事:

この記事にリンクする: