バンコク市内の移動手段、タクシー・バス・バイクタクシーなど

Pocket

バンコク市内の乗り物の移動手段を紹介します。

BTS(スカイトレイン/高架鉄道)

バンコク中心部の繁華街を走る高架式の鉄道。

車の渋滞に巻き込まれないというメリットがある。

運行時間は6:00〜24:00。朝8:00〜9:00は日本と同じくらいの通勤ラッシュになる。

乗車運賃は15〜40B。(日本円で約40〜107円)

日本のように駅にトイレはない。

MRT(地下鉄)

2004年7月3日に営業開始したタイで初めての地下鉄。

車の渋滞に巻き込まれないというメリットがある。

運行時間は6:00〜24:00。

ラッシュ時は5分、通常は8〜10分間隔で運行。

車両は3両編成。

乗車運賃は初乗り15B(日本円で約40円)。その後、1駅ごとに1〜2B加算され、最高39B(日本円で約104円)。

タクシー

バンコクのタクシーは屋根の上に「TAXI-METER」と書いたサインを載せているメーター制タクシーと、「TAXI」とだけ書かれたサインを載せている交渉制のタクシーがある。

メーター制タクシーの初乗りは35B(日本円で約94円)。

初乗り以降は12キロまで1キロごとに5B追加、12〜20キロまで1キロごとに5.5B追加、20〜40キロまで1キロごとに6B追加される。

深夜料金や割増料金はない。

Pocket

»次の記事:

«前の記事:

この記事にリンクする: