海外で買ったSIMフリーiPhoneを日本でアクティベートする方法

Pocket

去年11月にスペイン・バルセロナで買ったSIMフリーiPhone 4sですが、買ってからずーと箱に入ったままでした。

僕はiPod touchとiPadを持っているので、これといって日本で使うべきケースがなかったんですよね。

そもそも海外で使う用に買ったので。

でも、日本で使わないのはもったいないなぁ〜と思い、先日、箱から取り出し、充電して、電源を入れてみたんです。

「SIMカードが挿入されていません」とアラート

すると、いきなり上の写真のように「SIMカードが挿入されていません。iPhoneをアクティベートスルニハ、PINロックされていない有効なSIMを挿入してください。」というアラートが表示されました。

とりあえず「OK」をタップして、「使用する言語」で「日本語」を選びます。

国または地域

次に「国または地域」を選びます。もちろん「日本」ですね。

左上に「SIMなし」と表示されているのが気になりますが・・・。

位置情報サービス

「位置情報サービス」をオンにするかオフにするか選びます。GPSのことですね。ここではオンを選びました。

Wi-Fiネットワーク

「Wi-Fiネットワーク」を選びます。とりあえず、自宅に走っている無線LANを選択します。

すると、iPhoneが無線を探しいくのですが、最終的には以下の写真のようなメッセージが表示されてしまいました。

「Activation Failed 取り外してiPhoneにSIMカードを挿入してください。」と表示

「Activation Failed 取り外してiPhoneにSIMカードを挿入してください。」とあります。

「Try Again」ボタンをタップして、何度か試してみたのですが、毎回同じ結果になります。。

そこで、iPhone 4sをMacにつないで、iTunes経由でアクティベートしようと試みました。

iTunesでもダメ

やっぱり、SIMカードが入ってないとiPhones 4sはアクティベートできないようですね。。

iPod touchのように写真や動画を撮影したり、音楽を聞いたりといった用途で使おうと思っていたのですが、アクティベートできないのでは全く何もできません。。。

この仕様ってどうなんでしょうか??普通に小型パソコン的に使いたいというニーズもあると思うのですが・・・。

日本通信のマイクロSIMカードを購入

そこで、日本で手に入るSIMフリーiPhone 4s用の安いSIMカード探しを始めました。

iPhone 4sは普通のサイズのSIMカードではなく、ひとまわり小さいサイズのマイクロSIMが使われています。

ですから、イオンの安いSIMカードなどは使えないんですよね。標準SIMなので。

あと、いろいろと調べていくうちに、値段に惹かれて安すぎるSIMカードを買うとアクティベートできないということが起こっていることも分かりました。

そこで、信頼性と価格の両方から日本通信の「b-micro SIM U300」を買うことにしました。

というのも、「動作確認端末にiPhone4Sを追加しました (2011年10月20日)」とあったからです。

※結果的にアクティベートという意味では問題ないですが、通信するためのSIMカードとしてはお勧めできません。。つながらない時がすごく多いので・・・詳細は後ほど。

「b-micro SIM U300」は1ヶ月、3Gネットワーク使い放題で2,980円のマイクロSIMカードです。

日本通信のサイトで購入することができます。

「b-micro SIM U300」が届いた!

さっそく購入すると2日後に届きました。

パッケージ

パッケージには「1ヶ月定額使い放題パッケージ。SIMフリー端末(マイクロSIM対応)を含むNTTドコモFOMAネットワーク使用端末用」と書いてあります。

パッケージの裏面

パッケージの裏面はこんな感じ。

「b-micro SIM U300」の中身

中を開けると、マイクロSIMカードがあります。docomoとありますね。

マイクロSIMカードが付いたカード

さっそく、カードを取り出します。

080で始まる番号

裏面には080で始まる番号が書かれています。

アクティベート作業開始!

SIMカードを入れるトレーを開けるためのピン

さて、ここからはiPhone 4sのパッケージです。

まずは、SIMカードを入れるトレーを開けるためのピンを取り出します。

iPhones 4sとピン

iPhones 4sとピンを手元に用意して・・・

ピンをiPhoneに刺す

ピンをブスッと指してみましたが、トレーが開きません・・・。

恐る恐る、思い切り押してみました・・・。

思いっきり押すとトレーが開いた!

無事、トレーが開きました^^かなり強い押さないと開かないようにできているようですね。一瞬、壊れちゃうんじゃないかと焦りました^^;

iPhoneから外したSIMトレー

SIMトレーをiPhoneから外します。

マイクロSIMもカードから取り外す

マイクロSIMもカードから取り外します。

マイクロSIMをトレーに乗せる

マイクロSIMをトレーに乗せて・・・

マイクロSIMをiPhoneの中に入れる

iPhoneの中に入れます。

アクティベート再チャレンジ

さてさて、恐る恐るアクティベート再チャレンジです。

「iPhonesを設定」画面が表示

おお〜!今まで表示されなかった「iPhonesを設定」画面が無事表示されました。

とりあえず、「iCoudバックアップで復元」を選びました。

画面左上に「NTT DOC」と表示

左上には「NTT DOC」とあります。「NTT DOCOMO」のことですね。

SIMカードがちゃんと認識されているのが分かります。

iCloudサインイン

「iCloudサインイン」で「Apple ID」と「パスワード」を入力します。

メール通知

とりあえず、「メール通知」はオフで。

利用規約

「利用規約」はもちろん「同意します」で。

「使用可能なバックアップがありません」と表示

すると、「使用可能なバックアップがありません」と表示されてしまいました。。

僕、iCloudの有料会員なんですが・・・。

まぁ、細かいことは気にしないで今度は「新しいiPhoneとして設定」を選択。

ここまでは同じ手順。

「新しいApple IDの設定には数分かかります」と表示

「新しいApple IDの設定には数分かかります」と表示されました!

今度はうまくいったようです。この設定はそれほど待ちませんでした。

「iCloudを使用」を選択

「iCloudを設定」で「iCloudを使用」を選択。

「iCoudにバックアップを作成」を選択

「iCloudバックアップ」で「iCoudにバックアップを作成」を選択。

「”iPhoneを探す”を使用」を選択

「”iPhoneを探す”を使用」を選択。

使用状況を「自動的に送信する」を選択

プライバシーの問題とか怖いけど、使用状況を「自動的に送信する」を選択。

「Appleにユーザー登録する」はオン

「Appleにユーザー登録する」はもちろんオン。

でも、スペインで買ったけど、大丈夫なのかな??

アクティベートが完了

やっとアクティベートが完了したようです。

さっそく「iPhoneを使う」ボタンをタップ。

ホーム画面が表示

おお〜!!無事、ホーム画面が表示されました。アクティベート完了ですね!

これで、海外で買ったSIMフリーiPhones 4sを日本でiPod touchと同じように使うことができます。

インターネットができるように設定

さて、これだけではインターネットは使えるようになりません。

設定が必要です。

まずは、トップ画面から「設定」をタップします。

「設定」画面で「機内モード」と「Wi-Fi」が「オフ」になっていることを確認します。

それから「一般 → ネットワーク → モバイルデータ通信ネットワーク」と進みます。

「b-micro SIM U300」の解説書

ここに必要な情報を入力するのですが、その情報は購入した「b-micro SIM U300」の解説書にあります。

「モバイルデータ通信ネットワーク」の画面

これを入力するだけです。

「MMS」は何も入力する必要はありません。

これで1ヶ月はネットもできます!

ネット環境ははっきりいって最悪・・・

購入した「b-micro SIM U300」でネットを数日やってみたのですが、ハッキリ言ってつながらなすぎですね。。

モデム時代のように通信が遅いんですね。

YouTubeの動画を見るにはすごく待ちます。というか、見れたらラッキーです。

iTunesの音楽の視聴も聞けたらラッキーくらいな感じです。

画像が少ない容量的に軽いページ専用って感じですね。

Instagram(インスタグラム)で撮った写真を共有アップロードするくらいなら使えます。

あとは、時間や場所によってもつながりやすさが違います。

深夜3〜4時頃は比較的つながりやすいですね。

でも、この時間って普通寝てますからね。。

みんなが使っていない時間だから、つながりやすいだけで。

というわけで、アクティベートするだけが目的ならこの「b-micro SIM U300」で問題ないです。

しかし、「b-micro SIM U300」でネットも楽しもうと思ったら、それなりの覚悟が必要です。。

ビジネス用途は100%無理ですね。

そこで、アクティベートもできて、その後のネットもそれなりに使いたいという人は「b-micro SIM U300」よりも速度が早いマイクロSIMカードを選ぶ必要があります。

現状では、SIMロックフリーのiPadやiPhoneでデータ通信するための専用マイクロSIMカードが一番の選択肢のような気がしますね。Amazonでも購入できます。

日本通信 bマイクロSIMプラチナパッケージ iOS対応版 6ヶ月(185日)使い放題 BM-IPNP-6MM
日本通信 bマイクロSIMプラチナパッケージ iOS対応版 6ヶ月(185日)使い放題 BM-IPNP-6MM

すでにモバイルWi-Fi環境を持っていて、アクティベートするだけなら「b-micro SIM U300」で十分だと思いますが、その後のネットも楽しみたいなら、こっちの方が実用的だと思います。

SIMロックフリーのiPhoneについて

SIMロックフリーのiPhoneについてもっと詳しく知りたい人は、以下の記事を読んでみて下さい。

僕はバルセロナのApple StoreでiPhone 4sを買うにあたって、色々と調べたことをすべて公開していますので!

Pocket

»次の記事:

この記事にリンクする: