ツイッターやFacebookで使えると便利な英語表現・英会話フレーズ

Pocket

4月からNHK語学番組で英語を勉強すると宣言しましたが、さっそく「SNSで磨く!英語Output表現術」を見ました。

この番組はすごく勉強になりますね〜。今後も見続けようと思います!

TwitterやFacebookなどのSNSでのコミュニケーションは短い言葉のやり取りになりますが、今回はそんな時に使えると便利な単語一語で表現する方法が紹介されていました。

なんだか、すごく勉強になることが多かったので、1回目の放送内容をサクッとまとめてみようと思います!

英語でTwitter!
英語でTwitter!

↑この本も良さそうです!

スポンサーリンク

1回目

◎〜に向かう途中(〜に行く途中)

まず、サンプルとして使われたつぶやき文がすごく使えます!

I’m on my way to Nagoya for musical performances.20 shows from today!
(ミュージカルの講演で名古屋に向かう途中です。今日から20ステージをこなします。)

「〜に向かう途中(〜へ行く途中)」は「on one’s way to 〜」と言うんですね。

たとえば、車でルート66を走って、シカゴからロサンジェルスに一人で向かっていたら、

I’m on my way to LA.

と言うことができます。

二人以上が車に乗っていたら、

I’m on our way to LA.

と言えます。

◎日本語で「がんばれ!」は英語では・・・

日本語でよく「がんばれ〜!」と言うことがありますが、この場合は「Fight!(ファイト!)」ではなく「Enjoy!」がいいそうです。

日本語では「がんばって〜!」と言う時に「ファイト〜!」と言ったりしますが、英語だと「戦え!」と文字通りの意味になってしまうとか。

「enjoy」と言うと、「楽しむ」という意味がすぐに浮かんできますが、「楽しんで!」だけでなく「がんばれ!」といった意味合いでも使えるそうです。

「Enjoy!」は応用が効く言葉ですね!

◎「素晴らしい」を表す一言

・wonderful・・・「めったにない、素敵な」 ※wonder「奇跡、不思議」

・excellent・・・excel「〜を上回る」 goodを強めたニュアンス

・super・・・Superman、Super-maeketなどセット時でおなじみだが単独でも使用

・terrific・・・「ゾクっとするくらい素晴らしい」 ※terror「恐怖」(反対語)terrible「ゾクっとするくらいひどい」

・wow・・・「わお」という感嘆詞、ツイッター上ではよく使われる

こういう言葉のニュアンスを知っておくと、よりネイティブに近づけますね!

SNSでは「素晴らしい」と思った時にコメントをすることが多いので、こういったポジティブな意味の単語は覚えておきたいです。

◎「良い」「悪い」の程度を分けた単語表

悪い 良くない まあまあ 良い すばらしい
awful bad OK good wonderful
shocking blah fair cool excellent
terrible poor so-so lovely super

海外にいる日本人はよく「so-so」って言いますよね(笑)。日本人は曖昧な表現が好きですからね。

◎^^(笑顔マーク)を表す英語の顔文字は?

日本語では末尾に「^^」を付けて、笑っている表現をしますが、英語では「;(コロン)」と「)(カッコ)」をつなげて、「;)」と表すそうです。

僕ら日本人からしてみると、顔が横向きになっていて違和感がありますが・・・日本語と英語では顔文字が違うんですね。。

外国人に「^^」を使っても、ニコニコ笑っていると伝わらないのでしょうか?

僕の外国人の友達は「;)」ではなく「;D」をよく使います。

あと、顔文字ではなく「hahaha」と書く人もいますね。

これも日本人とは違いますよね。語尾に「ハッハッハ」と書く人ってあまりいないですよね。

とまぁ、こんな感じでかなり役立つ番組だと思います!

ゴガクル:SNSで磨く!英語Output表現術(Lesson1)

NHK語学番組:SNSで磨く!英語Output表現術

スポンサーリンク

2回目

2回目は2語で表す英語表現です。今回もすごく勉強になりました!

「英語でtwitterやろうかな??」とふと思ってしまったくらいです。

今回の放送で「これは覚えておきたいな!」と思った表現をいくつかピックアップします。

◎How + 形容詞/副詞 !(まぁ何と〜!)<感嘆文>

・How beautiful!(まぁ何と美しい!)

・How sweet!(まぁ何と素敵!)

・かわいい動物の写真を見て・・・How cute!

・きれいなお花畑を見て・・・How lovely!

・スーツでビシッときめた男性を見て・・・How handsome!

・NYの街並を上空から見て・・・How cool!

・きらびやかに光る荘厳なお寺を見て・・・How gorgeous!

◎That’s 〜 !/It’s 〜 !(それは〜!)

※ThatやItはその前の内容を漠然と指す。

・That’s fabulous!(それは素晴らしい!)

・It’s wonderful!(それは素晴らしい!)

・That’s great!(それは素晴らしい!)

・空を飛ぶたくさんの鳥を見て・・・It’s brilliant!

◎その他

※主語の「It」が省略されているので動詞に「s」が付く(主語が3人称単数)。

・Looks tasty!/Looks delicious!(美味しそう!)

・音楽や言葉に対して・・・Sounds beautiful.(美しい響きだな。)

・企画やアイデアに対して・・・Sounds promising.(それは有望だね。)

・Smells wonderful.(良い香りですね。)

・Smells awful.(ひどい臭いだな。)

・肌を触って・・・Feels smooth.(すべすべですね。)※触覚を表す場合は「feel」を使う。

・Feels fluffy.(ふわふわですね。)

・I’m feeling low.(落ち込んでます。)

SNSで磨く!英語Output表現術(Lesson2)

客観的に見える表現

客観的に見せるために、主語が一人称「私」でも動詞は三人称の形が使わることがよくあるそうです。これは知らなかった!

たとえば、次のような自己紹介では主語は「I」だけど、動詞は三単現の形にします。

Independent French chef specializes in Mediterranean dishes. Travels worldwide and currently staying in Cancun. Enjoys surfing, fishing, photography.
(地中海料理専門のフランス料理の料理人です。独立独歩の気概を持ち、世界中を旅していて、今はメキシコのカンクンに滞在しています。サーフィン、釣り、写真撮影が趣味です。)

Pocket

»次の記事:

«前の記事:

この記事にリンクする: