写真で見るスペイン・バルセロナのSANTS(サンツ)駅

Pocket

バルセロナ SANTS(サンツ)駅

フランス・モンペリエからTGVに乗ってスペイン・バルセロナのSANTS(サンツ)駅に着きました。

駅のエレベーターと標識

当たり前ですが、標識がスペイン語なんですよね・・・。今までフランス語だったのでちょっと違和感があります・・。

まぁ、英語表記も同時にあるので、問題ないですが。

SANTS(サンツ)駅1Fのフロア

地下から1階に上がってきました。

まだ、スペイン語に慣れないので、変な感じですね。

でも、スペインはスリが多いと友達から聞いていたので、動揺を表に出す訳にはいけません。

お上りさん観光客と思われたら、スリに狙われてしまいますから。

実際、スリっぽい人というか、そんな匂いがプンプンするおじさんが数人いましたね・・・。

SANTS(サンツ)駅1Fのマクドナルド

SANTS(サンツ)駅1Fのマクドナルド店内

SANTS(サンツ)駅内にはマクドナルドがありました。

なぜか、初めての土地で見慣れた店があると安心します。

でも、とりあえず早くホテルにチェックインしてベッドに横になりたかったので、何も買いませんでした。

バルセロナではこのSANTS(サンツ)駅の上層階にあるホテルを予約しました。

でも、このホテルの入口に行くには、一度SANTS(サンツ)駅の外に出なくてはなりません。

SANTS(サンツ)駅から外に出てみる

とりあえず、適当な出口から駅の外に出てみました。

SANTS(サンツ)駅の外

SANTS(サンツ)駅の外

外に出てまず思ったことは「フランスより暖かい!」です。

そして、「日差しがやさしい」とも感じました。

パリは日本だと2月にあたるくらい鬼にように寒かったですし、モンペリエはパリほどではないですが、天気が雨だったので、冬っぽい格好から抜け出すことはできませんでした。

でも、ここバルセロナはさわやかな快晴で気温もそれほど寒くありません。

長袖のTシャツに長袖のネルシャツを羽織ればOKくらいの季節です。日本でいうと秋みたいな感覚です。

僕は昨日から風邪で体調が最悪だったので、この気候にはちょっと救われた気分になりましたね。

やっぱり、旅って天気とか気候がすごく重要だとあらためて感じました。

天気が人間に与える精神的影響ってすごく大きいと思いましたね。

「Barcelo Sants」という文字を発見

気候に感動しながら、ふと振り返ると、駅の向こう側に「Barcelo Sants」という文字を発見!あれが、僕が予約したホテルです!

僕は逆側の出口から出てしまったようです・・・。

反対側の出口へ

さっそく、また駅の中に戻り、反対側に向かいます。

結果的にはマクドナルドがある方面の出口から出るのが正解でした。

「Hotel Barcelo Sants」の看板

駅を出ると、「Hotel Barcelo Sants」の看板を発見!

ここが僕がバルセロナの宿にする「ホテル バルセロ サンツ」です。

バルセロナのターミナル駅「SANTS(サンツ)駅」から駅直通なので、行きも帰りも利便性が抜群です。

Pocket

»次の記事:

«前の記事:

この記事にリンクする: