サグラダ・ファミリアの歴史を知れるコーナーと模型製作現場

Pocket

さてさて、サグラダ・ファミリア見学も中盤に。

ちょっとトイレに行きたくなったので、お手洗いを探します。

標識

標識があったので、矢印の方向に向かって歩きます。

トイレ

トイレ

トイレ

迷わず、すんなりとトイレが見つかりました。

サグラダ・ファミリアのトイレの写真は意外と貴重なのではないでしょうか?

僕はどこに行っても、トイレってすごく注目しちゃうんですよね。

「一流レストランはトイレもきれい」っていいますからね。

トイレってその施設を運営している人の本当の顔が見える気がするんですよね。

まぁ、そんな感じなので「サグラダ・ファミリアなのでトイレも彫刻風なのかな?」と期待して行ったのですが、どこにでもある普通のトイレでしたね・・・^^;

すっきりしたところで(笑)、さらにサグラダ・ファミリア内部見学を続けます。

サグラダ・ファミリアの歴史を知れるコーナー開始

ここからは、サグラダ・ファミリアの歴史を知れるコーナーのようですね。

受難のファサードの模型

受難のファサードの模型がありました。

模型を作る前の鉛筆による絵コンテ

模型を作る前の鉛筆による絵コンテ

これはおそらく、模型を作る前の鉛筆による絵コンテようなものでしょうね。

やっぱり、絵がうまいですね〜。

模型の製作現場

途中で模型の製作現場に出くわしました。

模型の製作現場

こうやって実際に作業している現場を見ることができるとは思っていなかったので、サプライズというか、ちょっと感動です!

模型の製作現場

ここで作業している人たちは、見ている僕を全く意識せずに作業に没頭していましたね。

職人ってかっこいいですね〜。

でかい模型

でかい模型もありました。

歴史を感じる絵

歴史を感じる絵もあります。

CGによるシュミレーション??

CGによるシュミレーション??

これは一体何?

これは一体??

壁の説明書き

日本語で
「教皇ベネデイクト十六世司式による
聖家族贖罪聖堂献堂祭の記録
2010年11月7日」
と書いてあります。

壁の説明書き

「聖堂内部の建設終了後、サグラダ・ファミリア聖堂は
献堂祭を以て、永遠に神に奉納されました。
サグラダ・ファミリア聖堂はその壮大さと芸術的価値と共に
今後、バシリカ(カトリック大教会堂)となるのです。」

献堂祭の写真

献堂祭の写真

教皇ベネデイクト十六世による献堂祭の写真です。

巨大模型か内装か?

もうここまでくると、模型なんだか、内部の装飾の一部なんだか分かりません・・・。

動物や人の模型

動物や人の模型もありました。

昔の写真

これは昔の写真ですね。

ガウディの自画像

ガウディの自画像もありました。

ガイドブックに載っているガウディとは違う顔をしています。というか、髪の毛がないので晩年のガウディでしょうか?

年表

サグラダ・ファミリアに関する年表もありました。

ガウディの写真

最後はガウディの写真。何歳の時のガウディなんでしょうか?

と、こんな感じでサグラダ・ファミリアについてさらに詳しく知ることができるエリアもありました。

Pocket

»次の記事:

«前の記事:

この記事にリンクする: