写真で見るフランス・モンペリエのST-ROCH駅周辺の風景

Pocket

パリからフランス国鉄「SNCF」の高速鉄道「TGV」に乗って、目的地のモンペリエ「ST-ROCH駅(Saint-Roch)」に到着したのは夕方の16:50分頃。約3時間30分の鉄道の旅でした。

「ST-ROCH駅(Saint-Roch)」を出てまず思ったのは「なんだか素敵な街だなぁ〜」ということです。

モンペリエのST-ROCH駅(Saint-Roch)

英語版Wikipediaによると、「ST-ROCH駅(Saint-Roch)」はモンペリエのメインの駅で、昔は「Gare de Montpellier」という駅名だったそうです。

しかし、2005年3月に「Saint Roch」という駅名に変更しました。

駅の屋根の上には昔の駅名「GARE DE MONTPELLIER」と今の駅名「SAINT-ROCH」が並んでいますね。

僕のTGVのチケットには「ST-ROCH」と書かれているので、「ST」は「Saint」の略式なんでしょうね。

ちなみに、フランス語の「GARE」は「駅」、「DE」は英語だと前置詞「OF」のような意味なので、「GARE DE MONTPELLIER」は「モンペリエ駅」となります。

今回はモンペリエのメイン駅である「ST-ROCH駅(Saint-Roch)」の駅前や駅周辺の様子を写真で紹介します!

1階にマクドナルドが入っている駅前の建物

駅前はちょっとした広場のようになっており、右側の建物にはマクドナルドが入っています。

駅前のレストランが入っている建物

左側の建物にはレストランがあります。

駅前から見える「Hotel」の看板

「Hotel」の看板がありますが、ここに僕らは泊まりました。駅からめっちゃ近いです。徒歩30秒くらい?

僕が泊まったホテルの詳細は別記事に書きますね。

駅前を走る花柄のトラム(路面電車)

駅前を走るトラム(路面電車)

駅前の通りにはトラム(路面電車)が走っています。

歴史を感じる建物

建物に歴史を感じます。

ここからは僕が泊まったホテルの部屋から見えた景色です。運良く駅側の風景がキレイな部屋に泊まれました。

部屋から見える「ST-ROCH駅(Saint-Roch)」

部屋から見える「ST-ROCH駅(Saint-Roch)」です。

ホテルの向かいの建物群

ホテルの向かいの建物群ですが、やはり歴史を感じますね〜。

ホテルの部屋から見える駅とは反対側の景色

ホテルの部屋から見える、駅とは反対側の景色です。こっちの景色も好きでしたね。

徐々に空が暗くなってきます

徐々に暗くなってきて、ネオンもきれいになってきます。

駅のライティングがきれい

駅のライティングもきれいです。

この日は雲がドラマチックでいい感じですね。

花柄のトラム

花柄のトラムがかわいいですね。

夜になる直前の時間帯

夜になる直前のこの時間帯が好きですね。

夜のモンペリエ駅周辺

夜になりました。街灯やトラムから発する光がきれいです。

青いライティングがきれいなST-ROCH駅

青いライティングがかっこいい!なぜか、空まで青いライトで照らされているような色合いになっています。

Pocket

»次の記事:

«前の記事:

この記事にリンクする: