多くの作家、芸術家に愛されたカフェ・デ・フロール(Cafe de Flore)の住所・最寄り駅

Pocket

カフェ・デ・フロールの入り口

パリと言えば「芸術の街」というイメージがありますが、僕が友達と待ち合わせしたカフェ・デ・フロール(Cafe de Flore)は、そんなパリの中でも芸術家たちに選ばれたカフェです。

すでに絶版になっているようですが、こんな本まで出ているくらいですから。

カフェ・ド・フロールの黄金時代―よみがえるパリの一世紀
カフェ・ド・フロールの黄金時代―よみがえるパリの一世紀

この本にはオーナーの孫によってカフェ・デ・フロールを愛した芸術家や有名人たちの知られざるエピソードが書かれています。

サルトルとボーヴォワールの書斎として使われる

カフェ・デ・フロールを愛した芸術家として一番有名なのが哲学者・小説家のジャン=ポール・サルトルとシモーヌ・ド・ボーヴォワールのカップルです。

二人はカフェ・デ・フロールの常連客で2階を書斎代わりに使っていたそうです。

嘔吐
嘔吐

決定版 第二の性〈1〉事実と神話
決定版 第二の性〈1〉事実と神話 (新潮文庫)

二人のパリでの出会いは映画にもなりました。

サルトルとボーヴォワール 哲学と愛 [DVD]
サルトルとボーヴォワール 哲学と愛 [DVD]

カフェ・ド・フロールには他にも画家のピカソ、映画監督・ミュージシャンのセルジュ・ゲンズブール、その娘で女優のシャルロット・ゲンズブールなどに愛されてきました。

カフェ・デ・フロール(Cafe de Flore)の住所・最寄り駅

カフェ・デ・フロールとカフェ・ドゥ・マゴ

カフェ・デ・フロールはサンジェルマン・デ・プレの交差点の近くにあります。

隣にはカフェ・ドゥ・マゴがあり、さらに付近にはサンジェルマン・デ・プレ教会があります。

ちなみに、サルトルとボーヴォワールはカフェ・ドゥ・マゴも愛用していました。

◎住所:172 Boulevard Saint-Germain – 75006 Paris

◎最寄り駅:St-Germain-des-pres(サンジェルマン デ プレ駅)<紫・4番>

Cafe de flore 公式サイト(音が鳴ります)

Pocket

»次の記事:

«前の記事:

この記事にリンクする: