カフェ・デ・フロール(Cafe de Flore)で日本から来る友達と待ち合わせのつもりが・・・

Pocket

サンセットタイムにセーヌ川からエッフェル塔を撮影してから、今度は急いで「カフェ・デ・フロール(Cafe de Flore)」に向かいました。

というのも、日本から来る友達が今日パリに到着し、「カフェ・デ・フロール」で19時に待ち合わせしているからです。

滞在するホテルが別々なのでカフェで待ち合わせすることにしました。

1885年創業の「カフェ・ド・フロール」はパリだけでなく、世界的にも有名なカフェです。

作家のサルトルとボーヴォーワールが仕事場として使い、画家パブロ・ピカソや映画監督セルジュ・ゲンズブール、小説家ヘミングウェイなど数々のクリエイティブな人たちに愛さてきたカフェです。

日本にも表参道に支店がありましたが、2001年に閉店しています。

僕らはこの歴史あるカフェを待ち合わせの場所として選びました。

ただし、1つだけ問題があります。それは、お互いに携帯電話を持っていないこと。

待ち合わせに携帯電話って今は当たり前の組み合わせですが、こんな時代に携帯で連絡を取り合えないというのは、けっこうビビるものです。

とは言っても、「カフェ・デ・フロール」は「地球の歩き方」を初め、多くのガイドブックにも載っているパリを代表する有名なカフェなので「まぁ大丈夫だろう!」とこの計画を立てた時は思っていました・・・。

さて、僕はセーヌ川沿いで地図を広げ、いま自分がいる場所と「カフェ・デ・フロール」の位置を確かめました。

そして、「この距離ならメトロに乗らなくて歩いて行けそうだ!」と思い、地図を片手に歩くことにしました。

というのも、待ち合わせ時間まであと1時間ほどあったので、歩きながらパリの街をもっと見たいと思ったからです。

パリの雰囲気のある街灯

パリは街灯の明かりがきれいなんですよね〜。

この時間帯のパリの雰囲気がすごく好きでしたね。

道路の先まで光る街の街灯

街灯が道路の先まで光っています。

レストラン

レストラン

途中、レストランが数件並ぶエリアを通りました。

コンランショップ パリ支店

イギリスのインテリアデザイナーであるテレンス・コンランさんのコンランショップパリ支店です。

日本にもコンランショップはありますが、家具やインテリア好きの女性に人気のブランドですね。

うちの母親が好きだったんですよね〜。

さて、ここまではパリの素敵な一面を見つけては写真を撮りながら「カフェ・デ・フロール」に向かって歩いていたのですが、途中で自分のいる位置が地図上のどこなのか分からなくなってしまいました・・・。

簡単にいうと、プチ迷子ってやつです・・・^^;

で、通りすがりのお店やホテルの受付に尋ねたりして、徐々に「カフェ・デ・フロール」に近づいていきました。

A.P.C.(アー・ペー・セー)

途中、A.P.C.(アー・ペー・セー)を偶然見つけてしまいました。

昔、代官山のA.P.C.(アー・ペー・セー)にはよく行っていましたね。

さっそく、店の中に入って、ちょっと洋服を見てから、店員さんに地図を見せながら「カフェ・デ・フロール」の場所を尋ねました。

女性の店員さんだったのですが、すごく親切に教えてくれましたね。

そして、だいぶ近づいていることが分かりました。

その後も数件の店やカフェに飛び込み、場所を聞いては歩き続けます。この頃にはもうクタクタです。。

カフェ・デ・フロール(Cafe de Flore)でひとりディナー

「カフェ・デ・フロール」と思われるカフェ

やっと「カフェ・デ・フロール」と思われるカフェが見えてきました!

もうちょっと近づいてみましょう。

カフェ・デ・フロールの外観

カフェ・デ・フロールの看板

「カフェ・デ・フロール」ですね!やっと到着しました^^

予定より20分ほど遅れて、19:20頃の到着ですが・・・。

カフェ・デ・フロールのテラス席

とりあえず、店内で友達を探します。

カフェ・デ・フロールのテラス席

どうやらテラス席にはいないようです。

僕も友達もタバコを吸わないので、寒い冬のパリでテラス席に座る理由ってないんですよね。

なので、きっと店内の席で待っているのでしょう。

さっそく、店内に入ります。

カフェ・デ・フロールの店内

カフェ・デ・フロールの店内

カフェ・デ・フロールの店内

でも、店内のどこを探しても友達はいないんですよね。。

もしかして、友達も道に迷って遅刻かな?それとも・・・?

とりあえず、ウェイターのおじさんに「日本人の若い男が来ていませんか?」と尋ね、特徴を聞かれたので友達の特徴を伝えました。

しかし、ウェイターのおじさん曰く、「そんな日本人は来ていないよ」と・・・。

そこで、店内で待つことにしました。お腹もペコペコだし、ビール飲みたかったので^^;

カフェ・デ・フロールのメニュー

「カフェ・デ・フロール」のメニューです。

「サルトルとボーヴォーワールもこのメニューを見たのかな?」と思いながらページをめくります。

オムレツとビールを注文

とりあえず、オムレツとビールを頼みました。(グルメじゃなくてスミマセン・・・^^;)

フランスのレストランのメニューは日本と違って写真がないから、ビジュアルで「これ美味しそう!」といった判断ができないんですよね・・。

ワインとキッシュも注文

ワインとキッシュも注文

友達はまだ来ないので、ワインとキッシュも注文しました。(ちょっとグルメっぽい??)

なんだか疲れていたせいか、時差ボケのせいか、ワインを飲み終わった時点でかなり酔っぱらってしまいました。。

そして、時計は21時30分・・・。

友達はまだ来ないので、ほろ酔いで店をあとに・・・。

友達が滞在する予定のホテルの連絡先はパソコンにメモってあるので、とりあえずホテルに帰ることにしました。

ちなみに、今回の料金は44ユーロでした。日本円で4661円です。高いなぁ〜。。

ホテルに帰ってから友達から部屋に電話が・・・。

なんでも、時差ぼけでホテルで爆睡しちゃったらしい(笑)

彼は初パリどころか初海外で、英語もフランス語も喋れないので、ちょービビってた。「連絡とれてよかった〜」と泣きそうに・・・(笑)

まぁ、旅にトラブルはつきものですからねっ。

カフェ・デ・フロール(Cafe de Flore)の住所・最寄り駅

Pocket

»次の記事:

«前の記事:

この記事にリンクする: