写真で見る世界遺産「グエル公園」ガウディが試みた建築と装飾と自然の一体化

スポンサーリンク

グエル公園の正面出入口

「グエル公園」は最初から公園ではありませんでした。

ガウディのスポンサーだったグエルは、自然と芸術に囲まれて暮らせる60戸の新しい集合住宅をガウディに設計させて作ろうと計画していました。

そして、ガウディはバルセロナ市を背景に建築と装飾と自然の一体化を試みたのです。

しかし、グエルとガウディの時代の先を行く発想と自然の中で暮らすという価値観は当時理解されず、バルセロナの中心街から遠いこともあり住宅は3戸しか売れませんでした。

しかも、そのうち2戸はグエルとガウディが自身で買いとったものでした。

そのため、このエリアでの集合住宅の計画は失敗に終わり、1922年に「グエル公園」という名の公共公園として一般に解放されることになりました。

「グエル公園」は1900〜1914年に建てられ、1984年に世界遺産に登録されています。

グエル公園内の地図

グエル公園内マップ

地球の歩き方 バルセロナ」に「グエル公園内マップ」が掲載されています。

「グエル公園」はかなり広いので、行く前にマップを見て、だいたいの位置関係を知っておいた方がいいでしょう。

ゴルゴタの丘

Vallcarca(バイカルカ)駅で降り、「グエル公園」までの坂道をなんとか登りきり、さっそく園内に入りました。

園内のマップ

中に入ると、園内のマップがありました。

おそらく、茶色く塗りつぶされた19番が今いる位置なのでしょう。

だとすると、かなり端っこですね・・・。

どうやら、僕は正面入口ではなく、背面の入口から入ってしまったようです・・・。

文字が刻みこまれた植物

園内の植物に文字が刻み込まれています。

ここに来た記念なんでしょうが、なんだか痛々しいですね。。

植物だって生きているのに・・・。

弾き語りをしている人

通りでは弾き語りをしている人がいます。

物売り

物売りもいます。

弾き語りしている人

また、弾き語りしている人を発見です。

この後、グエル公園では何人もの弾き語りを見かけました。

ゴルゴタの丘

「ゴルゴタの丘」にたどり着きました。

てっぺんに十字架

てっぺんには十字架があります。

ゴルゴタの丘のてっぺん

さっそく僕も登ってみました。

さて、ここからどんな景色が見えるのでしょうか・・・?

バルセロナの街が一望

バルセロナの街が一望できます!

うっすらとサクラダ・ファミリアが見えます。

その左には、ガラス張りの高層ホテル「W Barcelona(ダブリュー バルセロナ)」も見えます。

そして、一番奥にはキラキラと光る海が見えます。

サンセットタイムにこの景色を見たい!

今度来るとしたら、サンセットタイムに来たいですね。

ここからバルセロナの夕日を見たら、きっときれいでしょうね〜。

ストリートミュージシャン

標識

とりあえず、ゴルゴタの丘を降りて、標識を見ながら道順に歩きます。

すると、なんだか心地よい音楽が聞こえてきます。

その音の方に自然と足が進みます・・・

公園

すると、閑散とした公園にたどり着きました。

サックス吹きとギター弾き

音楽はこの二人が演奏しました。

なんとも、大人でオシャレな雰囲気の音でしたね〜。

海外に来るといつも思いますが、ストリートミュージシャンの質が日本とは大違いで高いんですよね。

日本だと駅前などで若者が演奏していますが、海外のストリートミュージシャンは大人が多いという違いもあります。

プロが休みの日にストリートで好きなように演奏するというノリなんでしょうか?

しばらく、聞き入っていたので、ギターケースにコインを入れてから立ち去ります。

宇宙船のようなトイレ

なんだか宇宙船のようなトイレを発見!

音楽が聞こえる方へ歩いて行くと・・・

さらに歩いて行くと、また音楽が聞こえてきます。

今度はさっきの大人な感じとは対照的な、にぎやかな明るい陽気な音楽です。

5人組バンド

この5人組バンドがノリノリで演奏していました。

それにしても、絵になる5人です。

CDも販売

CDが10ユーロで売っています。

バンド名は「Amelie Angebault」というみたいですね。

もしかしたら、バンドではなく個人のCDなのかもしれませんが。

myspaceのURLも書いてあります。

ここでもしばらく聞いていたので、コインを入れてからこの場を去りました。

中央広場

ガウディデザインっぽい壁

すこし歩くと、なんとなくガウディデザインっぽい壁が登場です!

自然の中にある「自然をモチーフにした造形物」って感じで、なんだか不思議な気分がしてきます。

ヤシの木のあるオープンテラス

さらに歩くと、ヤシの木のあるオープンテラスで観光客がくつろぐスペースが。

中央広場

このスペースの目の前には中央広場が広がります。

タイルのベンチ

写真で見たタイルのベンチの実物を見て感動!

カラフルできれいなタイル

カラフルできれいです。

公園というより、美術館そのものという印象です。

波形のベンチ

ガウディは「自然の中に最高の形がある」と信じていたので、ベンチは波形になっています。

ガウディ作品に曲線が多いのは、自然をモチーフにしているからです。

波打つベンチ

背もたれのデザインだけでなく、ベンチ自体が波を描いています。

波打つベンチって感じですね。

中央広場

中央広場

この広場、けっこう広かったですね。サッカーとかできそうな感じでした。

ガウディデザインのベンチの後ろにはバルセロナの絶景

バルセロナの絶景を背後に、ガウディデザインのベンチに座るって最高の贅沢だと思いました。

ベンチというより芸術作品

曲線と色合いがきれいです。ベンチというより芸術作品という感じですね。

波打つベンチ

バルセロナに来たら、このグエル公園は絶対に行って欲しいポイントですね。

動物の顔らしきオブジェ

動物の顔らしきオブジェもあります。

大階段

大階段

大階段を中央広場のベンチからパシャリ。

大階段のトカゲの噴水

大階段まで降りてきました。

これは日本では「トカゲの噴水」と雑誌などで紹介されていますが、英語のWikipediaでは「ドラゴン」と紹介されいます。

どうみても、日本人が思い描くドラゴンとは違いすぎますが・・・。

「dragon」には「竜」だけでなく「大蛇」という意味もあるので、もしかしたら「大きなヘビ」として紹介されているのかな??

トカゲの噴水

うーん、ヘビなら見えなくもないですね・・・。

ちなみに、このトカゲ(ヘビ?ドラゴン?)にまたがって写真を撮ろうとした観光客が警備員に注意されていました。

タイルのオブジェ

こんなタイルのオブジェもありました。

見たことない楽器を弾いている人

この人はどこの国の人なんでしょうか?見たことない楽器を弾いています。

なんだか、すごく絵になっていた人でした。

柱だらけのスペース

大階段の近くには、こんな柱だらけのスペースもありました。

天井のタイルの装飾

この柱だらけのスペースの天井にもタイルによる装飾が施されています。

天井のタイル

天井のタイルをアップにするとこんな感じ。

何をモチーフにデザインしているのでしょうか?

オレンジの部分が太陽で青色が海、緑色が森でしょうか??

管理小屋と守衛小屋

管理小屋と守衛小屋

大階段を下まで歩くと、今度は管理小屋と守衛小屋があります。そして、真ん中が正面出入口ですね。

管理小屋

大階段から見て右側が管理小屋。

守衛小屋

大階段から見て右側が守衛小屋。どちらも、ディズニーランドのようですね。

正面出入口から見える風景

正面出入口から見える風景です。

とても、公園とは思えません・・・。

グエル邸

グエル邸

正面出入口から見て中央広場の左側にはグエル邸があります。

これはこの地を集合住宅にしよと企画したグエル自身が買った邸宅ですが、現在は小学校になっています。

鉄の柵が植物をモチーフにしたような模様

建物自体はこの公園内では落ち着いた雰囲気でしたが、鉄の柵が植物をモチーフにしたような模様になっています。

あと、建物の小さな菱形の窓も面白いですね。

こんな小さな窓からどの程度の光が入ってくるのでしょうか?

不思議な空間

不思議な空間

このグエル邸の奥には、なんとも不思議な空間が広がっていました。

波のチューブに入ったような空間

近未来的な映画の中に入ったみたいな、すごく不思議な気分になりましたね。

実は、これも波をモチーフにしているそうです。

サーフィンをやっている人なら分かると思いますが、チューブに似ていますね。

ここを歩いていると、大きな波の中に入ったような感覚になります。

ガウディが目指した「自然の一体化」を感じることができる空間だと思いましたね。

グエル公園の基本情報

El Park Güell

Wikipedia:グエル公園

Wikipedia(英語):Park Güell

Works of Antoni Gaudí – UNESCO World Heritage Centre

»次の記事:

«前の記事:

この記事にリンクする: